Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「朝飯前」の生活を試してみた話

f:id:na0x0-xxx:20170525214844j:plain

「思考の整理学」という本を読みました。

昨夜、日曜に大事な試験を控えているにもかかわらず、突然「本を読みたい!」という気持ちがむくむくとわいてきて、その足で本屋に行って2冊の本を買った後にタリーズに直行して、アイスカプチーノを片手に本を読んでいました。そのうちの一冊が外山滋比古の「思考の整理学」です。

アイスカプチーノをごくごく飲むのと同じくらいのハイペースで本を読破してしまいました。飲み物を一気に飲むと味わうのがおろそかになるように、今回読んだ本も隅々まで読み切ったとはとても言えません。気づけばひたすらにページをめくり、とにかく気になった言葉に付箋を貼り、メモに書き写していました。ちなみに、本を読んでメモを取ろうと思ったのはこれが初めてです。でも結局メモを取った部分も、何度も頭の中で反芻しているうちに覚えてしまったので、メモも不要だったのかな。

「朝飯前」という話が特に頭に残っていました。
「朝飯前」という言葉は、今では「簡単だ」という意味で使われているが、本当はもう少し違う意味なのではないのか?と問うのです。夜に行き詰ってしまった思考も、朝になって改めて考えてみればいとも簡単に解決してしまうことがあるように、朝の頭は能率が良いという話です。それでは、出来るだけ多くの仕事を「朝飯前」の時間帯にこなしてしまえばよいのではないか。英雄的早起きはできないが、「朝飯前」の時間をできるだけ長くとるにはどうすればよいのかと考えた時に、朝食を昼の時間まで遅らせてしまえばよいのだ、と本には書かれています。

単純なわたしは、本を読んだ翌日である今日、「朝飯前」の生活を実践してみることにしました。深い意味や生産性を求める意識の高さはありません。むしろ、試験直前のやけくそや現実逃避に近いかもしれません。昨晩は23時半に眠り、今朝は7時に目覚めました。それから布団をたたみ、いつもならすぐに食べる朝食はすっ飛ばして勉強を始めました。昨晩のうちに今朝使うテキストは広げておいたので、今朝は布団をあげたらすぐ勉強に取り掛かりました。致命的な寝坊こそしませんが、わたしは朝にめっぽう弱いので、少し眠くなるかと思いきやそんなことはなく、ひたすらに手元の計算問題を解き進めることができました。

しかし、お昼が近くなるにつれてエネルギーが切れてきます。空腹が迫ってきます。なので、わたしは11時半くらいに一旦勉強を切り上げ、優雅に朝食兼昼食のフレンチトーストを作って食べました。いつもならインスタントで済ませるコーヒーも、今日は豆を挽くところから始めました。本当はもう少しお腹が膨れるものを食べたかったが、冷蔵庫には何もなかった。
お昼を食べた後は、洗い物を一気に片付けて、うとうととお昼寝をして、勉強を再開。14時半前になっていました。食後に作業をしてもぼんやりして仕方がないので眠る、というのも本の教えです。勉強を再開した後は少し集中力が落ちてしまいましたが、夕飯までまた黙々と作業をすることができました。集中力が切れた要因は朝食兼昼食が足りなかったことに尽きる。どうせいったん眠ってしまうのだから、もう少し食べたってよかったんだ。

もしかすると、朝起きてすぐに朝食を食べる生活よりも、今日のような生活のほうがわたしには無理がないのかもしれないなあと思いました。でも、大学で1限から授業がある日は朝っぱらから授業中にお腹を鳴らすのもなあ…とも思う…。

 

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

 

ペンは、ルックスか書き心地か

f:id:na0x0-xxx:20170517225319j:plain

上:ルックスがこの上なくお気に入りなペン

下:書き心地がこの上なくお気に入りなペン

 

わたしはペンが好きです。

小学生の頃からずっと好きです。

中学生くらいまでペンの収集癖がすごかったのですが、本数がそんなにあったところで、ペンを使える手の本数は限られているし、泣く泣く使わないペンを断捨離しました。それでも手元にシャーペンは6本以上はあるし、マーカーも大量です。あんまりマーカーひかないのに…

 

大学に入ってから、少しいいボールペンをいただく機会が増えました。

もらうときには「就活で使えるから」というセリフもたいていついてきます。そんなわけで今、手元にある「少しいいボールペン」は4本くらいあります。そのうち、LAMY notoが2本を占めています。

わたしはLAMY notoのルックスはとても好きです。変なメタリックカラーでもないし、三角の軸で持ちやすい。小学校で最初に習うような正しい鉛筆の持ち方ができます。お気に入りの革のスケジュール帳とセットで持ち歩くなら、よっぽどの問題がなければ間違いなくLAMY notoを選ぼうとさえ思います。

だけど、書き心地はどうにも許せません。ボールペンで書き心地が悪いのはそれはボールペンとは認めたくありません。なので、わたしの相棒はこのボールペンではありません。

現時点でわたしの字を一番綺麗に見せてくれるボールペンは、ジェットストリームの0.5です。学生である以上細かいところにメモを書き込むことも多々あるのですが、それでも字を綺麗に見せてくれるのはジェットストリームの0.5だけです。

※ちなみに、シャーペンで一番字を綺麗に見せてくれるのはクルトガの0.3。ハイグレードモデルを使っているけれど、0.3は青のメタリックの軸しかないからせめて黒とか出してほしい。

今使っているジェットストリームは、赤のメタリックの軸に4色ボールペンと0.5mmシャープがついたものです。

でも、赤のメタリックの軸なんです。なんとなく革製品と一緒に持ち歩く気が失せる色(偏見)

それでも書き心地がいいうえに4色ボールペンで、これさえあればノートが取れるという安心感があって便利なので使っています。あとは、ちょっと重みがある(ような気がする)ので、そのおかげで書いていても疲れにくい。

そして、ジェットストリームの一番のお気に入りポイントは、「黒インクが綺麗」という点です。安いペンだと黒インクでも「黒に近いグレー」みたいな何とも引き締まらない色だったりするのですが、ジェットストリームの黒インクは引き締まった黒色。これが字を綺麗に見せてくれる一番のポイントのような気もしています。

消せるボールペンとして有名なフリクションも何度か使ったけど、フリクションは黒インクがはっきりとした黒じゃないから、それが気に入らなくて使うのをやめたという経緯もあります。

 

こんな葛藤を抱えている人はほかにいないのか、とネットを探したらやっぱりいました。「LAMY ボールペン 描きにくい」「ジェットストリーム デザイン 不満」で検索かけたら出てくる出てくる…

みんな思っていることは似たようなことなんだなあ…

人生初の就活セミナーに行った話

f:id:na0x0-xxx:20170514225146j:plain

着々と近づいてくる「就活」の足音…

わたしは現在大学3年生です。今はある国家資格の勉強をしており、それに合格出来たら迷わずその進路に進むと思います。

でも、試験に落ちるという可能性が十二分に考えられるのです。合格率がめちゃめちゃ低い資格だから。

在学中に合格できなければ「院進」「一般就職」のどちらかです。今の段階で進路の可能性を絞ってしまうのもこわいので、ふと思い立って就活セミナーに行くことにしました。

どこがやっている就活セミナーか

具体的な団体名は出しませんが、学生のやっている就活支援団体が主催するセミナーに参加しました。その団体は全国にいくつか支部も持っているらしく、それなりに企業とつながりもある団体のようです。

就活についての面談なども随時受け付けているそうです。

何をやったのか

  1. 就活のスケジュールなどの説明
  2. グループディスカッション体験
  3. 座談会

1は、ベンチャーとか外資系だとスケジュールが早いよー!とか、サマーインターンに行こう!とかそんな感じのお話しでした。個人的には内心焦ってあわあわして終わりました。

2は、選考でよく実施されるグループディスカッションの体験です。いくつかの小さな班に分かれて、簡単なお題について15分ほどディスカッションをします。ここでは「グループディスカッションにも踏むべき手順がある」という説明が主でした。ディスカッションの後には、各班にいるメンターさんから班ごとにアドバイスをいただくことができました。班全体に対するアドバイスだけでなく、各個人の良かった点などについても簡単なフィードバックをもらうことができました。

3は、メンターさん自身の就活の話を聞いたり、メンターさんに個人の悩みを相談したり、という感じでした。わたしの場合は考えている進路が少々特殊だったためか、メンターさんを微妙に困らせて終わりました。ごめんなさい。

どんな雰囲気だったのか

学生主催ということで、お堅い感じの集まりではありませんでした。実際、その日の進行やメンターをやっていたのは、3月くらいにベンチャー企業などに内定を取っている学部4年生と修士2年の方でした。フランクな雰囲気で、どこにでもいそうな感じの方たちです(言葉が悪い)

参加者数は20名前後で、数日間にわたって実施しています。事前予約制でしたが、わたしは前日に予約しても受け入れてもらえました。5人くらいの小さな班に分かれて座っていて、各卓にはメンターさんが1人ついています。

印象に残ったことが数点。

  1. セミナー前日のリマインドメールの送信時刻が午前1時
  2. 進行役やメンターさんたちのMacbook所持率が7割くらい
  3. 主催者の雰囲気を一言でいうと「スタバに通い詰めてそうな感じの男子学生」
  4. でもメンターさんはいい人

1つ目に関してはさすがにちょっと引きました。学生の団体とはいえ、しっかりしてほしいよおおという感じです。それとも、学生の団体にもかかわらず、実情はブラックとかそういうオチなのだろうか…

2つ目、3つ目については、しょうもないことしか書いていないので、特に語ることはありませんね…誤解を招かないように言っておくと、わたしはMacbookに恨みはないですしデザインも好きです(個人では絶対に買わないけれど)。

4つ目に関しては、先ほどメンターさんを少々困らせてしまったという話をしましたが、それでもメンターさんは短い間でも話を聞いてくれて、答えられる範囲で答えを探してくれたりと丁寧な対応をしてくださった印象です。

なんとなくの感想 ~学生主催のセミナーのメリットとデメリット?~

わたしは今回ふと思いついて参加しただけなので、特に高い目的意識があったわけではないです。しかも就活セミナーの類に参加するのはこれが初めてです。もっと大規模なセミナーなどは参加したことはないのですが、とりあえず今回の段階で思った学生主催のセミナーのメリットとデメリットを書いてみようと思います。

メリット

  • 学生のメンターなので気軽に話しやすい
  • 雰囲気はとても柔らかい
  • 学生目線で作られている(=学生の参加しやすさを追求している)ため、参加のハードルが低い
  • 「初めて参加するセミナー」としては参加しやすい

デメリット

  • 学生のメンター=まだ社会人ではない 
  • 内定は取ったが、まだ働いているわけではないので会社選びは成功したのかといったような話は聞けない
  • 学生団体の内輪のノリが垣間見えてしまう
  • 就活のプロではないので、セミナーの内容は個人の体験に偏る印象(今回の主催者はベンチャーの内定者が多かったので、その話をよく聞いた)

たぶん実施時期がこの時期だったから、主催者の方の進路が偏っているというのもあるんだと思います。

感想としては、「とりあえず行ってみるか~」というノリで参加してみましたが、この時期に行ってみてよかったなあと思います。

そのうち大学主催でもなにかしらやると思うので、気が向いたら行きます。

でも第一志望の進路を実現するには、資格の勉強を続けなければ…

服の布陣を考えようの回

f:id:na0x0-xxx:20170510200112j:plain

事前にお断りしておくと、わたしはファッションセンスがありません。

何なら毎朝の服の組み合わせを選ぶことさえ苦痛です。

けれど、さすがに嫌いな服やいまいちな服は着たくありません。

なので、今期、クローゼットに入れる服のラインナップを「どれを組み合わせても最低限事故らない」ものにしようと思い立ったのです。

気合を入れて雑誌まで買いました。

今ある服の問題点

だいぶ服も断捨離したので、クローゼットが大混乱!ということにはなっていないと思っていた私が愚かだった。

  • デニム2着のうち1着はよく見ると丈が微妙
  • しかもそのデニムは、ポケットのあたりが裂け始めている
  • 白シャツは3年半頻繁に着倒すと、色が白じゃなくなってくる(控えめな表現)
  • しかもその白シャツは、さすがに繊維がちょっとやられてきている
  • 手持ちの服がカジュアルすぎる(ボトムスがデニムばっかり)
  • 柄物のスカートを持っているが、合わせるトップスに困り、春は着れていない

けっこうやばい。服のメンテナンスのずさんさが…。

たぶん今後の人生で柄物のスカートはもう買わないでしょう。

ファッション難民の私にはハードルが高すぎたようだ。

結局どうする?

  • デニムが2本あり、1本はそろそろ寿命が見えているので手放す
  • デニムの買い足しはせず、少しはきちんとして見えるであろう黒のパンツを買う
  • 白シャツを買い替える
  • (本当はジャケットも欲しい)

最後に物欲が見え隠れしてしまった…。

白シャツは、本当は同じものが2枚くらいほしい。

理想の服を探す

無印とユニクロとをうろうろし、ネット上ではZOZOTOWNをうろうろ。

zozo.jp理想の白シャツはこれだなあ。襟はこの形がいい。

でも服選びが好きじゃない学生にしては奮発なお値段か。

www.uniqlo.com

ユニクロ先生でもよいか。

zozo.jpパンツのイメージはこんなん。

結論

散々物欲を垂れ流したけど、結局は試着をしてサイズが合えばそれに決める。

以上。

Remove all ads

興味を持つもの

最近趣味はありませんが、興味を持っているものはいくつかあります。

興味を持っているものや好きなものについて書きます。

 

キーワードで抜き出すとこんな感じ。

会計|断捨離|勉強|経営学(組織論)|ミニマリスト|鞄の中身

文房具|鞄|無印良品|お酒|チーズ|スナック菓子

 

パソコンとかデジカメとかも好きですが全く詳しくなくて、無駄のないデザインのされた外観をただ眺めるのが好きです。

会計と経営学は大学の学部の関係で興味を持っています。わたしの専攻は会計です。でも、プロフィールとかに経営とかマーケティングっていう単語を並べた瞬間になんだか胡散臭く見えるのは気のせいか。

ミニマリストは自分がなりたいというわけではないです。断捨離するのは好きですが、その行為を通じてミニマリストになるぞ!とは思いません。ミニマリストの方が持っている持ち物を見るのが好きです。

鞄は鞄自体も鞄の中身を見るのも好きです。

あとはお酒が好きです。ビールと日本酒が好きで、本当は一人で外に飲みに行きたいのですが、世間体を心配する母親に止められています。

Remove all ads