人生初の就活セミナーに行った話

f:id:na0x0-xxx:20170514225146j:plain

着々と近づいてくる「就活」の足音…

わたしは現在大学3年生です。今はある国家資格の勉強をしており、それに合格出来たら迷わずその進路に進むと思います。

でも、試験に落ちるという可能性が十二分に考えられるのです。合格率がめちゃめちゃ低い資格だから。

在学中に合格できなければ「院進」「一般就職」のどちらかです。今の段階で進路の可能性を絞ってしまうのもこわいので、ふと思い立って就活セミナーに行くことにしました。

どこがやっている就活セミナーか

具体的な団体名は出しませんが、学生のやっている就活支援団体が主催するセミナーに参加しました。その団体は全国にいくつか支部も持っているらしく、それなりに企業とつながりもある団体のようです。

就活についての面談なども随時受け付けているそうです。

何をやったのか

  1. 就活のスケジュールなどの説明
  2. グループディスカッション体験
  3. 座談会

1は、ベンチャーとか外資系だとスケジュールが早いよー!とか、サマーインターンに行こう!とかそんな感じのお話しでした。個人的には内心焦ってあわあわして終わりました。

2は、選考でよく実施されるグループディスカッションの体験です。いくつかの小さな班に分かれて、簡単なお題について15分ほどディスカッションをします。ここでは「グループディスカッションにも踏むべき手順がある」という説明が主でした。ディスカッションの後には、各班にいるメンターさんから班ごとにアドバイスをいただくことができました。班全体に対するアドバイスだけでなく、各個人の良かった点などについても簡単なフィードバックをもらうことができました。

3は、メンターさん自身の就活の話を聞いたり、メンターさんに個人の悩みを相談したり、という感じでした。わたしの場合は考えている進路が少々特殊だったためか、メンターさんを微妙に困らせて終わりました。ごめんなさい。

どんな雰囲気だったのか

学生主催ということで、お堅い感じの集まりではありませんでした。実際、その日の進行やメンターをやっていたのは、3月くらいにベンチャー企業などに内定を取っている学部4年生と修士2年の方でした。フランクな雰囲気で、どこにでもいそうな感じの方たちです(言葉が悪い)

参加者数は20名前後で、数日間にわたって実施しています。事前予約制でしたが、わたしは前日に予約しても受け入れてもらえました。5人くらいの小さな班に分かれて座っていて、各卓にはメンターさんが1人ついています。

印象に残ったことが数点。

  1. セミナー前日のリマインドメールの送信時刻が午前1時
  2. 進行役やメンターさんたちのMacbook所持率が7割くらい
  3. 主催者の雰囲気を一言でいうと「スタバに通い詰めてそうな感じの男子学生」
  4. でもメンターさんはいい人

1つ目に関してはさすがにちょっと引きました。学生の団体とはいえ、しっかりしてほしいよおおという感じです。それとも、学生の団体にもかかわらず、実情はブラックとかそういうオチなのだろうか…

2つ目、3つ目については、しょうもないことしか書いていないので、特に語ることはありませんね…誤解を招かないように言っておくと、わたしはMacbookに恨みはないですしデザインも好きです(個人では絶対に買わないけれど)。

4つ目に関しては、先ほどメンターさんを少々困らせてしまったという話をしましたが、それでもメンターさんは短い間でも話を聞いてくれて、答えられる範囲で答えを探してくれたりと丁寧な対応をしてくださった印象です。

なんとなくの感想 ~学生主催のセミナーのメリットとデメリット?~

わたしは今回ふと思いついて参加しただけなので、特に高い目的意識があったわけではないです。しかも就活セミナーの類に参加するのはこれが初めてです。もっと大規模なセミナーなどは参加したことはないのですが、とりあえず今回の段階で思った学生主催のセミナーのメリットとデメリットを書いてみようと思います。

メリット

  • 学生のメンターなので気軽に話しやすい
  • 雰囲気はとても柔らかい
  • 学生目線で作られている(=学生の参加しやすさを追求している)ため、参加のハードルが低い
  • 「初めて参加するセミナー」としては参加しやすい

デメリット

  • 学生のメンター=まだ社会人ではない 
  • 内定は取ったが、まだ働いているわけではないので会社選びは成功したのかといったような話は聞けない
  • 学生団体の内輪のノリが垣間見えてしまう
  • 就活のプロではないので、セミナーの内容は個人の体験に偏る印象(今回の主催者はベンチャーの内定者が多かったので、その話をよく聞いた)

たぶん実施時期がこの時期だったから、主催者の方の進路が偏っているというのもあるんだと思います。

感想としては、「とりあえず行ってみるか~」というノリで参加してみましたが、この時期に行ってみてよかったなあと思います。

そのうち大学主催でもなにかしらやると思うので、気が向いたら行きます。

でも第一志望の進路を実現するには、資格の勉強を続けなければ…